女性が護身術を修得すべき理由

女性が護身術をマスターすべき根拠を説明します

女性が護身術を会得しておくべき理由と根拠

昔から女性は伝統武術を習得しています

日本国内では、以前から薙刀もしくは合気道といった伝統武術を女性の方が護身のために会得する習慣があるとされています。その中にあっても、鎌倉時代に誕生した薙刀については、江戸時代に女薙刀という形で発展を遂げて、いまだに非常に多くの女性の方が、たしなむ武道として高い人気を誇っています。また、動く禅とされる合気道については、体格やスタミナに影響を受けることなく相手方を制することができる実用的護身術ということで、男女に関係なくグローバルレベルで評価が高いです。アメリカやヨーロッパで生まれた女性護身術についても、空手もしくは柔道の技などをベースとしており、グローバルレベルで見ても日本という国は関係が深い国だとも言えます。

女性の方でも十分に習得することができます

過去、テクニカル面を主として語られることの多々あった護身術に関してですが、昨今ではメンタル的な側面が重んじられるようになっています。緊急事態の下で自分自身を守るため、身体上の能力のみならず揺るぎない気持ちと闘志が欠かせない為です。 元を正せば護身術に関しては性別、あるいは年齢それから、体格に関わらずどういった方でも身につけられるものです。女性の方はもちろん小さな子や高齢者の方など、一般的に考えて弱者と言われている人々が習得不可能ならば、護身術の名に値しないと言えるでしょう。体格やパワーで男性の方に勝つことが困難な女性が身を守る方法を身に付けることは、危機をクリアするために多分に効果を見せます。

女性の方が習得するべき理由とは

危険度の高い状況の下で自分自身の身をプロテクトするための護身術は、元を正せば女性の方に欠かすことができない技能として、とりわけ国内ではかねてから親しまれていました。一部には薙刀のように、女性の方の武道として積み重ねてきたものもあります。護身術は主として見知らぬ人からの被害を回避するためのものと言ってよいでしょう。 しかしながら現実的には、多くの場合、夫、あるいは知人など、親しい人によるものです。こういったことは、社会的に女性の方が置かれてきた状態が関係しています。ドメスティックバイオレンスはいまでは問題となっていますが、身近な人からに対応する方法として、護身術が注目の的になっています。 現代でも、女性像にこだわるあまり、自己主張することに抵抗感を感じる女性は珍しくありません。しかしながら、女性らしさは弱いことではありません。寧ろ強い本当の女らしさを護身術で身につけることができます。

人気記事ランキング